忍者ブログ
102 -  101 -  100 -  99 -  98 -  97 -  96 -  95 -  94 -  93 -  92 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

N・M・P望月章マイム・プロジェクトの公演を見てきました。
細部は今は置いといて。
今回の演目はルー・リードのアルバム「Berlin」が元になってることは事前にわかってたのですけど、それプラス、「ベルベット・ゴールドマイン」?といった印象でした。

あ!台本買い忘れた!(遅い…)

ここから先は全然個人的な感想なんだけども。
望月さんって、若手育ててもう引退してしまうのではないかな~と感じました。感じただけです、あくまで。
いつからだろう?…なんか復帰してからそういう感じがするんです。
そうなって欲しくないのだけど、やっぱりマイムって体の衰えには抗えない部分があるように思うんです。(決して望月さんの演技力が落ちたといってるわけではないです。単純に体の動きのはなしです)特に今絶好調の深野さん見てるとひしひしと。
そういうふうに思ってしまった私は、鏡に写った衰えた自分見て自殺って納得行ってしまったのです。

あとは、ISSAYさんは鏡でしかないのかなーとか。
抱かれるシーンは相手を映すように相手に合わせているし。受身だからそれはそれでいいのだろうけどなんていうか。
ISSAYさんの意思ってあんまり感じなかった。ってか最近感じられない。マイムにしてもハムレットマシーンにしても。
今回の深野さんとのからみも深野さんの感情を鏡に映して演じてるって気もした。
相手のテンションをそのまま自分にうつしてしまうって、それも才能だけど、演じているISSAYさん自身のベクトルはどこ向いてるの?って問いたくなる時がしばしば。
ISSAYさんに個人の何かを求めるって今のISSAYさんには無理なのかな~。とか思ったりしました。
だからデルジベット復活と聞いてどういう風になるのか楽しみ&心配なのです。そういう意味では絶対見ないと!

…お前何様?っって感じですよね。すみません。

でもねー。なんかねー。
よくわかんなくなった自分で。


最近の作品はわかり易いから、作品内容よりも演じている「人」をみる余裕ができているのかもしれない。でもそれって演じてる人は望んでることではないんじゃないのかも。純粋に作品内容読みとれればいいのかもしれない。
なんかよくまとまってないけど頭の中でうわーーーっとなってることを書いてみました。
ごめんなさい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Berlin観に行かれたんですね。
私はどうしてもスケジュールがつかなくて、今回は観られませんでした(T_T)

作品を観ていろいろ考えるというのは演者にとって何よりだと思いますよ。無条件に賞賛されるより、きちんと観てるって伝わりますもの。
青瞳 2007/11/18(Sun)06:43:02 編集
>青瞳さん
私も今回はスケジュール的に1回しか見られませんでした。もう一回みたらまた何か違うとこ見れたかもと思ったりしてます。
感想に関して、そういって頂けると少し救われます。ありがとうございます。
今読み返したらいいことなんも書いてないなと反省してます。上に書いた事以外は良かったと思うんですけどね。なにかもやもやしてます。なんなんだろうこれは。

深野さんは本当に今充実したものを感じます。もっともっといい役者さんになっていくんだろうなーと思いましたよ。てか今回の公演深野さんいなかったらやばかったんじゃないかくらいに感じました。
【2007/11/18 15:51】
チーム深野参りました。
こんばんわ!kikuです。
こちらには御無沙汰しております。
本日仙台に戻りました。
昨日は、始まる前にご挨拶したのみで、お別れしてしまって、
大変失礼しました…(><)
なにかもう興奮してしまって(愚)
(カテコでお花渡したら、深野さん全開笑みを下さって、舞い上がってしまいました)
深野さんファンとしては、もう感無量の舞台となり、有頂天のkikuであります。
ホントに充実したパワーを感じますね。
…今回完全に深野ファンの視線でしかモノを見ていないので、こんなミーハーな感想しか思いつきませんでした…
さくらさんは1回でいろんなことを受け取ってらしたのに、自分は3回も見てこの程度かと、トホホな気分です(ぁぅ)
今度の舞台では、こないだみたいにじっくりお話したいです!!
kiku 2007/11/18(Sun)21:04:40 編集
>チーム深野のkikuさん
こんばんは!
こちらこそいつの間にかいなくなってしまって申し訳ありませんでした。
あのあと用事があったのですぐに出ないといけなかったのですよ…。
深野さんにお花渡しているkikuさんを見てましたが、深野さんの素晴らしい笑顔を受けてkikuさん舞い上がりまくってるのだろうなと思ってました。てか、kikuさんであることを深野さんは認識して、その上で最高の笑顔浮かべてくださったのだからもう、kikuさん感無量だったのではないですか?!良かったですねぇ~~vvv
私までなんか浮かれそうになったですよ(なんだそりゃ)
今回は本当に深野さんファンにとっては最高の公演だったと思いますよ。
それは多分、kikuさんの方が全然実感してることかと思うので私の方からはもう何もいいますまい。
いや、多分変なところに気が行ってしまって舞台の内容の認識は結構穴だらけなんじゃないかと思います。だから違う視点でもう一回見たほうがいいなと思いました。
そうですね、次回はじっくりお話できるといいですね。またお話できる日を楽しみにしてます~。
【2007/11/18 22:58】
HERO
改めて本文に書くほどでもないかなと思ったのでコメント欄で。
マイム終盤でDavid Bowieの「hero」がながれたんだけども、ドイツ語だったのが印象的だったのです。初めて聞いた。
heroはベルリンの壁崩壊のことを歌った曲なので、ドイツ語の歌詞があっても全然おかしくないし、今回の舞台だったら使われて然るべき曲だと思いました。
なのでyoutubeで探してきましたよ。
David Bowie - Helden
http://www.youtube.com/watch?v=N6C0ghjbJGU
さくら 2007/11/19(Mon)00:05:09 編集
同じだ
同じだよ思っていること。

私はマイムは作品じゃなくて、人間だと思っているので。だから望月さんについてきたっていうのもある。(だから今離れかけているっていうのもある)特に、望月さんとISSAYさんには、「人間」としての舞台を求めてしまうので、私の見方は厳しいと思うわ。求められていない観客かも、って自分でも思う。

ヒーローズのドイツ語バージョンはかかるかな~と思ってたけど、あそこでかかったのは…。

人のレスで語っちゃダメっすね。コミュに行きます。でも、ほんとにISSAYさんへの感想など、同感!って書きたくて。

ではでは。ちょっと興奮気味に書いてしまってごめんなさい。
chris 2007/11/19(Mon)22:34:22 編集
>chrisさん
chrisさんは同じだろうなーと思ってました。
そして望月さんから離れかけてるchrisさんもなんとなく伝わってきてます。
それはISSAYさんからちょっと離れてきてる私と似てるからかもしれない。いやでもどっかで私の好きなISSAYさんを望んでるから離れられないんですが。
で、がっかりするであろう自分が嫌で今回ちょっと突き放し気味に見てしまいました。駄目だ私。
って、超私的な方向に持ってきてしまった…。
私もあそこでかかる曲ではないなーと違和感はありましたが、ドイツ語だったので(ドイツ語の語感が大好き)全然切り離して喜んでました。みーはー。
コミュにこんなこと書いてもあんまし相手にされないんだろうな~、と思うとしりごんでしまってる私です、うう。
【2007/11/20 00:08】
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Latest entry
ブログ内検索
Bar code
analyze

Copyright (C) Sakura. All rights reserved. Since 2009/04/24  
忍者ブログ / [PR]