忍者ブログ
1 -  2 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、BUCK-TICKファンクラブオンリーのライブに行ってきたのですよ。うふ。
最近、少々「大好きであるのだからには、がんばらねば!前へ、前へ!!」という気持ちを持つ事に疲れておったので、あんまりそういうふうな気合は入れず、まったりと見ていたのです。
その気持ちの抜き加減が良かったのか、なんかね、全ての曲がすんなりと自分の中に入ってきてとーっても楽しくなってきてしまって「あー、ワタクシやはりBUCK-TICK大好きなんだなー」と実感して帰ってきました。
私の気の持ちようだけでなく、BUCK-TICKの演奏もすごくこう、「曲をみんなで楽しもう」っていう感じが、けれども決して押し付けがましくない雰囲気があったように思う。
それは今井さんのギターがちょっと違うだけだったり、曲のほんのちょっとの編曲の仕方だったり、メンバーのなにげない態度だったり、全てが少しずつなんだけど確実に効果があったんじゃないかと、一日経って思ったりしてます。

「FLY HIGH」って、私がファンになった直後は、すっごく好きで好きでたまらなくて聴きすぎて勝手に食傷気味になってたんだけど、出だしのギターの音聞いた時「うわん、なにそのいい曲、フライハイじゃん!うわーん」って単純に嬉しくて楽しくなっちゃったりした。
そう、今回のライブで、”もう聞き飽きてます!”ってなってたどの曲も全て輝いてた、決して大げさではなく。

それで「キャンディ」なんだけども。
もう、ワタクシ、キャンディ大好きだったんだって気が付きました、今回。
元々私はシングルカットされた曲って、アルバムより先に何回も聞き込んでしまいすぎるから、アルバムの中に入った時にどうも浮いてるように思えていつも心の中の整理棚でちょっと別な棚に入れられてしまうのです。私だけだと思うけど。
別な棚ってのは、好きとか嫌いとか評価しきれなくて、でもやたら覚えてるだけの状態で置かれてる棚なんです。気に入ってるのかどうかわからんからそのまんま置きっぱなし。
そういう状態の曲をぽっと出されると自分でビックリするくらい新鮮に感じてしまい、「こんなにいい曲だったのになんで当時の私は何にも思わなかったんだろう」という申し訳ない気持ちになったりする。
キャンディ、曲も好きだけど、歌詞が好きなんだな。多分、あっちゃんの言わんとしている事とは全然別次元で、自分の感情に置き換えて(そういう解釈が良いか悪いかは別として)するっと心に入ってくる歌詞なのです。
「僕の箱庭にキャンディ敷き詰めて、これが君だよと優しく微笑みかける」とか、気持ちがすっごい良くわかる。そんな事誰かに言われたら、嬉しくって堪らないよ私。逆に、私が誰か好きになってる時、相手の存在をそういう風に捕らえてると思う。自分の中の世界、あまいあまい君だけでいっぱいなんて。ああなんて腑に落ちすぎるんだ。
キャンディの歌詞は頭から最後まで、全て飲み込める、溶け込める。それが嬉しいのかも。

好きなものが見つかるって対象がなんであれ嬉しくて小躍りしたくなる事だなー。
素敵な事だわ。

■キャンディ/BUCK-TICK

何度見ても変なPVだ…古川さんぽい。あとドレッド今井やっぱりなじめない。
PR
おめでとうございます~。

いつもだったら酒とかケーキとか買ってきて勝手にお祝いするんだけど、吐き気が酷くてそういうお祝いができない…自己満足でやってるだけだから別にいいんだけど、毎年恒例でやってることができないのはちょっと残念。
なのでせめてブログだけでも。

FC会報の写真見てるとまあ、みんないいおっさんになってきたことは確実なんだけど、ただ単におっさんになってるだけじゃなく、みんなそれぞれ違う味が染み出してきてる感じがします。
いい歳の取り方してるみたいでなんか嬉しい。
今井さんは結婚もしたしねー。ますますカッコよくなってくることでしょう。
なにはともあれめでたいヨ!

そんなあぶらの乗ってる今井さんを見れるのは、一番近くだと11/3の音楽と人のイベントライブのLucyですか。
楽しみにしてます。久しぶりにあのヒドイ歌を聞けるんだわ~。ヒドイ歌でもなんでもいいんだ。今井さんが楽しい時間を送れれば。
守りに入らず、どんどん好きなことやって欲しいもんです。
本当は聞いてから書こうと思ってたけど、どうにも待ちきれないので書いちゃう。

3月に他界した元レピッシュの上田現ちゃんのトリビュートアルバム「Sirius~Tribute to UEDA GEN~」が明日9/24発売です。
このアルバムにBUCK-TICKが「ハーメルン」で参加します。
詳しくはこちら

レピッシュは全曲漏れなく大好きです!なバンドではなかったのですが、好きな曲は本当に大好きな曲が存在するバンドでした。
その中でもハーメルンは本当に大好きで、PVをビデオにとって何回も見たものです。
そういう大好きな曲をBUCK-TICKがカバーするなんて、本当に、本当に嬉しい。

レピッシュとBUCK-TICKは酒飲み友達で仲良かったしトリビュート参加も納得。
その他に参加のメンバーもあの時代、接点があったバンドやそのメンバー…"ユニコーン"の民生、"THE BOOM"、"筋肉少女帯"、"アンジー"の水戸さん、"カステラ"のトモ君、"The ピーズ"や、現ちゃんがプロデュースした"元ちとせ"とか、その他沢山、本当に現ちゃんのこと大切に想ってる人たちが集まった感じです。
多分、とてもいいアルバムになってるとおもいます。てか、嫌いな要素がないです。

そのアルバムが明日発売で、帰宅するまで聞けないからその時間が苛立たしいけど、何もできないからこれ書いてます。
ほんと、こんなに待ちきれない気持ちになるの久しぶりなんだよ~。

とりあえず、レピッシュの「ハーメルン」見て聴いて下さいな。(ほとんど自分の為だけど)



…てか、さっきあんなおセンチな日記書いといて、なんなんだよ私のテンション。自分で呆れる…。
BUCK-TICKの今井寿が、結婚しました!
てか、2/29に結婚したらしいですね。一般への報告が今日で。

あの今井寿に結婚という選択肢があったのが不思議なような当たり前のような。
私にとっては未だにつかみ所の無い存在です。

なにはともあれメデタイです。
おめでとうございます!
いえー!
おめでとうございますー。
ケーキ買ってくるの忘れたさ。仕事終わったらハーパーでも買ってきてお祝いしよう、そうしよう。

メンバーみんなで呑んでるのかな。
良い誕生日になりますように。

---
て書いてたらPC落ちました。
あーと、なんだっけ?
睡蓮ちゃんのライブが5/11に決まったのにその日は既に別のライブのチケットを買っており、なぜ一年まだまだ日にちがあるのにこの日にこんなにかぶるのか?とか思って唸ってみたりしてます。
映画「CONTROL」のブログパーツくっつけてみました。友人のまねっこです。だっていじりたいじゃん。そしていじってほしいじゃん。
ゴールデン街に写真撮りに行きたいとか、あと一杯やりたいことあるんだけど時間が無いし、書けないよ。
ああもう寝ないと駄目だ。一日が短すぎる。そして体力が無さ過ぎる。
いろいろリリース情報出てるのすっかり忘れてました…。

はい、まず大変今更なシングルデス。

---
SINGLE「Alice in Wonder Underground」
2007年8月8日発売

■初回生産限定盤:BVCR-19714 ¥1,890(税込)
 ※BUCK-TICKアートブック付属特別ハードカバー仕様、連動特典応募券封入
■通常盤:BVCR-19713 ¥1,050(税込)
【収録曲】
「Alice in Wonder Underground」作詞:今井寿 作曲:今井寿
「TIGHT ROPE」作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
 ※セルフカバー(1996.6.21Releaseアルバム「COSMOS」収録曲)
---
えー?!タイトロープカバーすんの?(すごい今更知って尚更ショック…へこむ…)あのまんまが好きなんだけどなー。ちっと不安。でも大丈夫か、うん、大丈夫だ。

んで次。やっとニューアルバムですよ!
---
NEW ALBUM「天使のリボルバー」
2007年9月12日発売

■初回生産限定盤:BVCR-17057/8 ¥3,990(税込)
※「RENDEZVOUS~ランデヴ~」「Alice in Wonder Underground」2曲のビデオクリップ等を収録したDVD付き特別ジャケット仕様(予定)
※2007年リリースアイテム連動抽選特典応募ハガキ封入
■通常盤:BVCR-11107 ¥3,059(税込)
---

らんでぶーはあんまし好きじゃなかった(MY EYES & YOUR EYESは良かったよ!)ので結構不安でいっぱいなんですが、シングルはシングルだしまあ、アルバムはアルバムになってくれることを祈りたい。
んー。いつも同じ事言ってる気がする。ダイジョブねきっと。
らんでぶー、歌詞がね…。どうも駄目でした。サビのコーラスの今井さんのうたいっぷりだけが救いだもの。

なんかねー、いっつもね、BUCK-TICKはいよいよ自分が行って欲しくない方向に進むんじゃないのか?っていう不安が襲ってきてね、新譜嬉しいんだけど恐ろしくてならないのですよ。
がばっと心の窓口をね、自分が広げられるだけ広げて受け入れる準備をするの。そうしないと不安なんだけど、その窓口広げるのが結構しんどいんですよ。
BUCK-TICKのためだけに、最大限の許容量を空けておく心の作業をそろそろ始めます。
…私はらんでぶーみたいな歌詞をこれ以上受け入れられるのでしょうか。あああああああああ!恐ろしく不安だ!コワイヨ!!!
ぬあー!
BUCK-TICK今年初作品きました。
2007年6月6日シングルハツバーイ!

-----
■初回生産限定盤:BVCR-19706 1,890yen(税込)
(※豪華写真集付き特別ハードカバー仕様、連動特典応募券封入)
■通常盤:BVCR-19705 1,050yen(税込)
【収録曲】
RENDEZVOUS
MY EYES & YOUR EYES
-----

新曲はともかく早く聞きたいことはおいといて。
「MY EYES & YOUR EYES」がカップリングですよ!えー!ほんと?タイトル聞いただけであまづっぱい気持ちになってしまうあの曲が、デイインでいつもやって欲しい曲上位にくるのにいつも却下されてるあの曲が、セルフカバーで聞けますよ!
かなーり気になります。普段シングルに比重置いてない私がシングル楽しみにするなんて珍しいんですよ。


今、星野英彦ソロプロジェクトdropzのアルバム聞いてます。
これいいかも。ものすごくいいかも。Cube君と Kelli Aliはとってもいいかも。
もう貼っちゃおう。
MySpaceにいるので(ファンサイトだと思う)、皆さん聞いてください。

私本当に、信じられないほど、BUCK-TICKに依存してます。
だって嬉しくってたまんないですもの。こんなに嬉しい気持ちになるのはBUCK-TICKに関してだけだよ。

愛してます。
 | HOME |  次のページ
calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Latest entry
ブログ内検索
Bar code
analyze

Copyright (C) Sakura. All rights reserved. Since 2009/04/24  
忍者ブログ / [PR]