忍者ブログ
174 -  173 -  172 -  171 -  170 -  169 -  167 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、睡蓮のライブに赤坂BLITZに行ってきました。
睡蓮は元ソフトバレエの藤井麻輝と、芍薬さん(ボーカル)のユニットです。
左に睡蓮のバナーがはってありますが、再生すると曲聞けます。
あとMyspaceでも試聴できます。

今回は見る場所によって見えるものが変わるという先情報だけあったのでどんなのか楽しみにしてました。
ステージ後方に投影されたイラストアニメーションの映像(多分、左のバナーを再生すると流れるPVと同じ人の絵)が、全曲にわたって音や歌詞にあわせて動くというステージでした。
具体的には、ステージの後ろの方にあるただのギザギザした白い壁が、そこに投影される映像によって、瓦礫になったり廃墟の壁になったり、ホーン系の音が鳴る時は小人さんがラッパ持って歩き回る映像になったり、ステージ中央にある立方体にエレベータ内部の映像が投影されていて、その左右の映像がどんどん動くとほんとにエレベータが上がってるような感覚になったりと、大変凝っておりました。
こういうのってタイミングがずれると大変格好が悪く、しまりがなくなりがちですが、全くずれないで全曲見せてくれました。演奏する方はさぞかし大変だったろうと思います。

あえて言うならば、映像に力入ってた分、演奏者があんまり目立たず、ちょっと寂しかったかな。ライブでやる意味ってあんまりないような…。どうせ裏方に徹するならスポットライトもいらないと思ったりした。演奏者がそこに存在してることも誇張したいのなら映像に絡んだりできたらもっと楽しかったと思う。
総合的に考えるといつものステージの方が睡蓮らしかったんではないかしらん。
でもそんなの大して気にならないくらい楽しめました。アンコール嫌いの麻輝ちゃんがめずらしくアンコールやってくれたし。

なんか金銭的な理由で暫くライブできないそうなので寂しいですが、次の活動を楽しみにCD聞いてようと思います。「六花ノ音」すごくいいですよ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest entry
ブログ内検索
Bar code
analyze

Copyright (C) Sakura. All rights reserved. Since 2009/04/24  
忍者ブログ / [PR]