忍者ブログ
118 -  117 -  116 -  115 -  114 -  113 -  112 -  111 -  110 -  109 -  108 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(各画像はクリックすると大きくなります。)
初めは絞りF16で固定してシャッタースピード4段階(1/250、1/125、1/60、1/30)で同じ画像を撮って試しました。
全滅覚悟で撮ったんですが、現像できないほどのは3枚くらいだったのかな?あとは室内写真意外は物凄く良く写ってました。
てか、トイカメラなんて呼ぶのは失礼なほど、しっかりくっきりとれます。…絞りが16だったら失敗する方が少ないかのかな、うん。
お天気マーク(シャッタースピードをお天気で現してあるのです。快晴なら1/250という具合)もかなりあてになります。
あとは被写体との距離があってればくっきりはっきり鮮明にとってくれます。私はなんにもしてないです…。ちょっと寂しいくらい…うう。
難点をしいて言えばスメハチさんは、ファインダーが本体左上についており、レンズは当然本体真中についてるわけです。
ファインダー中央に被写体を持ってきても、写ったものは真中にはこないんですね。そのずれの感覚が今ひとつつかめません。

上の写真だと、左のタイヤの跡はファインダーには入ってませんでした(でもこれは入ってよかったと思う、助けられたヨ)。


また、ファインダーを上になるようにカメラを縦に構えると、上部が無駄に広くなります…。(左の黒いのはカメラケースの蓋…。あとぴんと合ってないし、失敗。)
スメハチさんは、フィルムを逆さまにして装填するので、被写体を中央より右下に寄せ気味に考えないといけません。頭がちょっとごちゃごちゃします。

では。
晴天の時は、ただ基本通りに写せばちゃんと写る事は良く分かったので、絞りもいじって見ます。
今度は近距離のものは絞り4で固定。

遠くのものがぼやけて近くのものははっきり写るようにしてみました。(これもまだファインダーと被写体のずれが良く分かってないので変な具合になってますけど、)
私が好きなトンネル効果(?でいいのか?)も少し出せました。ちょっとトイカメラっぽいです。

その他撮った写真。
道端で車に潰されたライター。


川っぺりの椿


廃屋の壁


このように、わりとどういう撮り方にも応えてくれるカメラなのですよ。すんばらし!

ファインダーのずれ具合とか、どんだけ寄ってもいいのかとか、まだまだ勉強しないといけませんが、スメハチさんがとても優秀なのでわりと私の考えたとおりにとってくれるのでこまります。

いいのかなこんな漠然とした感じで写真撮って…。
逆に不安になるのでもっともっと撮りまくらねば!と思ってしまうのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いいね
ファインダーとレンズの位置が違うのかぁ。面白いね。
またアップしてください。
シラ URL 2008/02/12(Tue)10:43:49 編集
>シラさん
あんがと。
室内ではうちのにゃーこを撮ったんだけど半分失敗しました。
さくら 2008/02/13(Wed)09:58:07 編集
calendar
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Latest entry
ブログ内検索
Bar code
analyze

Copyright (C) Sakura. All rights reserved. Since 2009/04/24  
忍者ブログ / [PR]